スタッフインタビュー

生産部インタビュー

いろいろな人の手が掛かってる商品。
自信とプライドを持ちたいです!

デザート工場 生産部生産二課 係長
高橋 毅さん
業務の内容を教えてもらえますか?
盛り付け担当になります。実際に受注いただいた商品を最終的に具材で盛りつけていって商品を完成させ、
工場から商品が出される最終段階のところを務めています。
実務で申しますと商品の確認をしたり、製造の予定表や人員の調整や配置、
本来この時間までに製造しなければいけないなど、進捗の管理をしています。
工場から出荷する時間は決まっているので、何かトラブルなどで遅れが出てしまうと
後ろの作業へどんどん影響がでるので、気が抜けないところがあります。
やりがいを感じる部分はどんなところですか?
上司にも言われますが、いろいろな勉強の意味を含めて、
店舗さんをまわって商品を見たほうがいいのではないか?と言う話も出ます。
当然お客様に手に取ってもらうというところでは、実際に商品の見栄え出来栄えのところが気になります。
盛り付けをこのような形で、これくらいの量で、この位置で…という予め決まった同じものを作るために、
製造する前にテストを行い、問題点があれば本番を迎える前にそこをクリアして、商品が仕上がっていく
流れなので、各部署で、工場全体で力を出し合って商品を作り上げていきます。
いろんな人の手が掛かって一つの商品が出来るので、やっぱり商品を世に送り出す時には、自信を持たない
といけないし、プライドも持たないといけないし…というところがやりがいに繋がっていると思います。
デリカウイングの雰囲気は?
雰囲気は本当にいいですよ。和気あいあいというか…いろんな方がいらっしゃるので…。
経営陣の幹部の方は、現場に顔を出してたくさん声も掛けてくださるので…
僕たちからすると、それだけでモチベーションになります。
決して社員だけではなくパートさんひとりひとりにまで気に掛けてくださるので、
その期待に応えたいし、この会社のために…という気持ちになります。
デリカウイングに勤めて嬉しかったことはなにかありますか?
仕事を介していろんな年齢の方や国籍の方…それはパートさんだけじゃなくて社員や役員の方とかから、
いろいろな話が聞けるので面白いなとか魅力的な人だなとか思います。
それを自分の人生に活かすというか、参考にできるし、刺激ももらえるので、
いろんな人に巡り会えたってことは嬉しかったです。
夢とか、仕事上の目標とかありますか?
プライベートなことなら…時間とお金があったら、行ったことない土地に行ってみたいです。
海外だけじゃなくて国内でも、知らない所に行って、新しい…自分の知らなかった事を知りたいです。
会社のことは…未来永劫どんどん発展してほしい。務めている以上、会社に貢献していきたいと思っています。
それは自分だけが得するとかじゃなくて、一緒に働くみんなと…
会社のスローガン「Happy Together」でもありますけど、仲間と共に会社が発展していけばいいなと思います。
これから働いてみたい人へ向けてのメッセージ
入る前に興味がなかったとしても、入ってからいろんな発見や出会いがあったり
興味が持てることがあるので、少しでも興味があったり…全然興味がなくても、
勤めれば新しく自分の中でプラスになるような発見がある職場だと思います。
生産部スタッフインタビュー


360°パノラマ工場見学

工場見学をする